対象部位
組み合わせの考え方
3項目
2項目
胃癌
CEAとCA19-9の組み合わせが一般的ですが、偽陽性の少ないCA72-4やSTNが胃癌の腫瘍マーカーとして注目されています。
ただし、いずれの項目も早期胃癌での陽性率は低く、再発や転位の指標として有用性が認められています。
CA72-4
or
STN
CA72-4
or
STN
CA19-9
CA19-9
CEA