対象部位
組み合わせの考え方
3項目
2項目
前立腺癌
現在ではPAが主流ですが、PAPとの組み合わせによる有用性が認められています。
PA
PAP