対象部位
組み合わせの考え方
3項目
2項目
肝細胞癌
AFPとPIVKA-Uの組み合わせが一般的ですが、AFPが高値を示した場合には、AFPの代わりに肝細胞癌に特異性が高いAFP-L3%を組み合わせるのも有効です。
AFP
or
AFP-L3
PIVKA-U