対象部位
組み合わせの考え方
3項目
2項目
肝内胆管癌
肝内胆管癌ではAFPやPIVKA-Uの陽性率が低いことから、CA19-9が必須であると考えられます。
CA19-9
CEA