対象部位
組み合わせの考え方
3項目
2項目
甲状腺癌
子宮頸部癌の多くは扁平上皮癌であることからSCCを中心にCEAやTPA、IAPなどを組み合わせます。腺癌の場合には組織特異性がらCA125を選択します。
また、尿中HCGβ-コアフラグメントとの組み合わせも有用であることが報告されています。
SCC
SCC
TPA
TPA
CEA