ストラッシュと銀座カラーを比較!全身脱毛が安くて早いのはどっち?

最短6ヶ月で脱毛完了できるストラッシュと、最短8ヶ月で卒業できる銀座カラー。

全身脱毛したいと考え中の方は、どちらのサロンも候補に挙がっているのではないでしょうか。

そこで今回は、ストラッシュと銀座カラーを徹底比較し、全身脱毛するならどちらのサロンがよりおすすめか調査してみました。

※ストラッシュの詳細は『ストラッシュは全身脱毛が最短6ヶ月!産毛も日焼けもOKなSHR脱毛とは』をご覧ください。

※銀座カラーの詳細は『銀座カラーは全身脱毛が月額6,300円!キャンセル料0円で通いやすい』をご覧ください。

全身脱毛の料金を比較

まずは気になる料金からご紹介いたします。

※料金はすべて税別価格です。

銀座カラーの方が安い

サロン 料金
ストラッシュ 6回:95,760円
10回:154,500円
12回:181,800円
無制限:369,800円
銀座カラー 6回:93,000円
6回+無制限メンテナンス付:289,000円
※12万円割引キャンペーン適用後の料金(割引前は409,000円)

ストラッシュの「パックプラン」は、6回・10回・12回・18回・無制限という5つのプランから選択することができます。

銀座カラーは「全身脱毛6回プラン」と「全身脱毛6回完了+無制限メンテナンス付プラン」という2つのプランから選択できます。

同じ回数分の料金を比較したところ、6回の場合は2,760円、無制限の場合は80,800円も銀座カラーの方が安いことがわかりました。

学割・のりかえ割・ペア割でストラッシュの方が安くなる

ストラッシュと銀座カラーには、それぞれ「学割」「のりかえ割」「ペア割」という割引制度が用意されています。

割引制度 対象者 割引額
学割 学生の方 ストラッシュ:すべて10~30%オフ
銀座カラー:すべて最大2万円オフ
のりかえ割※ 他のサロンから乗り換えて契約した方
ペア割 2人以上で無料カウンセリングを受けて一緒に契約した方

※ストラッシュは「リベンジ割」という名前です。

通常料金は銀座カラーの方が安かったですが、割引を利用するとストラッシュの方が安く脱毛できることがわかりました。

サロン 各割引を適用した場合の料金
ストラッシュ 6回:95,760円
86,184円(10%オフ)
10回:154,500円
139,050円(10%オフ)
12回:181,800円
163,620円(10%オフ)
無制限:369,800円
258,860円(30%オフ)
銀座カラー 6回:93,000円
→ 確認中
6回+無制限メンテナンス付:289,000円
→ 269,000円(最大2万円オフ)

全身脱毛6回プランは、銀座カラーの方がストラッシュより2,760円安い
全身脱毛無制限プランは、銀座カラーの方がストラッシュより80,800円安い
のりかえ割、学割、ペア割のいずれかを利用すると、ストラッシュの方が銀座カラーより安くなる!

脱毛期間を比較

続いては、全身脱毛の脱毛期間を比較しましょう。

ストラッシュは6ヶ月間に6回分施術できる

ストラッシュでは最新理論の「SHR脱毛」という脱毛法を採用しているので、最短6ヶ月でつるつるのお肌を実感できます。

従来の脱毛法:毛周期に合わせて施術を受ける

従来の脱毛法(IPL脱毛やS.S.C.脱毛など)は成長期の毛にしか効果が無いため、毛周期(毛の生え変わりのサイクル)に合わせて施術を受けなくてはなりません。

脱毛を始めると毛の生えるスピードが徐々に遅くなります。
脱毛初期は1~2ヶ月に1回ペースで通えますが、回数を重ねるごとに2~3ヶ月に1回、3~4ヶ月に1回とペースを落とすことになり、結果として脱毛が長期化してしまうのです。

SHR脱毛:毛周期を気にせず施術を受けれる

ストラッシュのSHR脱毛は「毛包」という毛を生み出す器官に作用する脱毛法なので、すべての時期の毛に効果があります。

毛周期を気にせず1ヶ月に1回ペースでサロンに通えば、6ヶ月間に6回分の施術を受けることも可能なのです!

これが、ストラッシュの公式サイトに「脱毛完了まで最短6ヶ月」と紹介されている理由です。

※SHR脱毛の特徴については次の項目で解説いたします。

銀座カラーは8ヶ月間に6回分施術できる

銀座カラーはIPL脱毛を採用しているので、毛周期に合わせて施術を受ける必要があります。

それでも8ヶ月間に6回施術できるのは、初回来店時に6回分の予約をまとめて取れるシステムになっているからです!

6回分予約できるので脱毛完了時期が予測できる

他の脱毛サロンでは施術後に次回の予約を入れるルールになっているため、予約するタイミングが遅れると脱毛完了時期もどんどん先延ばしになってしまいます。

しかし、銀座カラーなら契約の段階で6回分まとめて予約できるので、脱毛完了時期がずれることはありません。

例えば1月に脱毛を始めた場合、最短で9月に6回目の施術を受けることができます。

脱毛期間 施術回数 毛量イメージ※
1月 1回目 ★★★★★★
2月 2回目 ★★★★★
3月 3回目 ★★★★
4月 ★★★
5月 4回目 ★★★
6月 ★★
7月 5回目 ★★
8月
9月 6回目完了

※毛の減り方には個人差があります。

予定が変わりやすい人にはメリットなし

6回分まとめて予約できるのは便利なシステムですが、予定が変わりやすい人や不定休のお仕事をしている方は8ヶ月先まで予約を入れることは難しいですよね。

もし予約日にサロンに行けなくなったとしてもキャンセル料はかかりませんが、「8ヶ月で6回分完了」というスケジュールは実現できないでしょう。

ストラッシュは毛周期を気にする必要がないので、1ヶ月に1回ペースで通えば6ヶ月間に6回分施術できる
銀座カラーは契約時に6回分まとめて予約できるので、予定通り通えれば8ヶ月に6回分施術できる

脱毛法の特徴を比較

続いては、ストラッシュと銀座カラーが採用している脱毛法の特徴を比較しましょう。

ストラッシュのSHR脱毛は毛質・肌色を問わない

ストラッシュではSHR脱毛とIPL脱毛を採用しています。

SHR脱毛とは「スーパーヘアリムーバル脱毛」の略で、毛を生み出す器官である毛包やバルジ領域をターゲットにした脱毛法です。

成長期・退行期・休止期の全ての時期の毛に反応するため、毛周期を気にせず施術を受けることができます。

また、色素の濃さには左右されないため、産毛や金髪にもしっかり効果を発揮しますし、肌色を問わず施術可能というメリットもあります。

さらに、毛包まで届く光を数回に分けて照射し、お肌に急激な負担を与えることなく毛包全体の温度を上げていくしくみなので、温かさを感じる程度で済みます。

銀座カラーのIPL脱毛は太い毛の脱毛が得意

ストラッシュと銀座カラーが採用しているIPL脱毛とは「インテンス・パルス・ライト」の略で、キセノンフラッシュランプを使用した脱毛法です。

毛の黒色(メラニン色素)に反応するしくみになっており、光を照射することによって毛根部分に熱ダメージを与えることができます。

太くてしっかりした毛の脱毛が得意ですが、逆に色素が薄い産毛の脱毛は時間がかかります。

また、肌の色素にも左右されるため、日焼け肌や色黒肌の方、色素沈着している肌は施術できない場合があります。

【SHR脱毛の特徴】

毛質や肌色を問わず脱毛できる
痛みが少ない


【IPL脱毛の特徴】

太くてしっかりした毛に効果的
肌色が黒い人は施術できない可能性がある

ストラッシュではSHR脱毛とIPL脱毛の2種類を組み合わせて脱毛できる

施術時間を比較

続いては、全身脱毛1回分にかかる施術時間を比較しましょう。

ストラッシュは最短60分

ストラッシュの脱毛機は、肌の上を滑らせるように動かすだけで連続照射することができます。

1発ずつ照射する必要が無いので、全身脱毛でも保湿ケアを含めて最短60分で施術が完了しますよ。

スピーディ―ながらも、同じ部位を2往復して計4回しっかり照射してもらえるので、当て漏れの心配はありません。

銀座カラーも最短60分

銀座カラーでも肌の上をスライドしながら光を連続照射できる脱毛機を使用しています。

顔・VIOを含む全身脱毛でも最短60分で完了できますよ。

どちらのサロンも1回で顔・VIOを含む全身を施術できる
どちらのサロンも全身脱毛が最短60分という早さで完了する

剃り残しのシェービング対応を比較

続いては、コース料金以外にかかる追加費用の1つ、シェービング代をチェックしましょう。

脱毛する部位のムダ毛は事前に剃っておく必要があります。
剃り残しがあるとサロンによってはシェービング代が発生する場合がありますが、ストラッシュと銀座カラーではどのような対応がなされるのでしょうか。

ストラッシュはパックプランなら無料対応

ストラッシュにはシェービングサービスがあるので、剃り残しがあってもスタッフに無料で処理してもらえます。

例外として、月額制プランまたは都度払いの契約者はシェービング代が1,000円かかりますが、無制限プラン(パックプラン)の契約者は追加費用の心配はありません。

銀座カラーは電気シェーバー持参で背面のみ無料対応

銀座カラーでは、えり足・背中・ヒップ・ヒップ奥(Oライン)の剃り残しについてはフェイス用の電気シェーバーを持参すれば無料で処理してもらえます。

無料部位以外に剃り残しがあった場合は、その部分を避けて照射することになります。

部分的に毛が残ると仕上がりにムラができてしまうので、手が届く範囲内はしっかり自己処理しておきましょう。

ストラッシュでは、パックプラン契約者なら剃り残しのシェービング代が無料
銀座カラーは体の背面(えり足・背中・ヒップ・ヒップ奥)のみ無料対応、ただしフェイス用の電気シェーバー要持参!

※脱毛中の正しい自己処理方法については『脱毛中もムダ毛の自己処理が必要?効果に影響する絶対NGな方法とは』をご覧ください。

予約のキャンセル対応を比較

予約の変更・キャンセルをする場合は、各サロンが設けているタイムリミットまでに連絡をしなければなりません。

ストラッシュは前日20時以降は1回分消化

ストラッシュの予約キャンセルのタイムリミットとペナルティは、契約するプランによって異なります。

契約内容 全身脱毛回数パックプラン(6・10・12・18回) 全身脱毛無制限プラン
タイムリミット 予約前日の20時 なし
タイムリミットを過ぎた場合 施術1回分消化 なし
遅刻のペナルティ 施術範囲をカット
※20分以上の遅刻はキャンセル扱い
施術範囲をカット
※20分以上の遅刻はキャンセル扱い

無制限プランなら予約当日にキャンセルしてもペナルティはありませんが、6回・10回・12回・18回プランはタイムリミットを過ぎると施術1回分が消化扱いになってしまいます。

例えば12回プランの場合、1回分消化=15,150円も損することになります。

また、20分以上の遅刻もキャンセル扱いになってしまうので、予約時間よりも早めにサロンに到着するよう心がけましょう。

銀座カラーはペナルティなし

銀座カラーでは予約当日にキャンセルしてもペナルティはありません。

タイムリミット なし
タイムリミットを過ぎた場合 ペナルティ無し
遅刻のペナルティ 施術範囲をカット(大幅な遅刻の場合は施術1回分消化)

予定が変わりやすい方にとっては助かりますね!
とはいえ、直前のキャンセルはサロン側に迷惑をかける行為のため、行けないと分かったら早めに電話連絡またはキャンセルの手続きをしてくださいね。

ストラッシュでは、回数パックプランは予約前日の20時を過ぎると施術1回分が消化扱いになる
銀座カラーでは、予約当日にキャンセルしてもペナルティなし
どちらのサロンも遅刻すると施術範囲がカットされてしまう

店舗数、営業時間、定休日を比較

続いては、ストラッシュと銀座カラーの店舗情報を比較します。

銀座カラーの方が店舗数が多い

地域 ストラッシュ 銀座カラー
北海道・東北 北海道(1)宮城(1) 北海道(1)岩手(1)宮城(1)
関東 東京(8)神奈川(3)千葉(3)埼玉(2) 東京(20)神奈川(4)千葉(4)埼玉(2)栃木(1)茨城(2)群馬(1)
中部 新潟(1)愛知(3) 愛知(3)岐阜(1)静岡(1)新潟(1)石川(1)
近畿 大阪(4)兵庫(2)京都(1)奈良(1) 大阪(4)兵庫(2)
中国 広島(1) 広島(1)
四国
九州・沖縄 福岡(2)熊本(1)鹿児島(1)沖縄(2) 福岡(1)
合計 37店舗 52店舗

店舗数は銀座カラーの方が多いですね。
ストラッシュが出店していないエリアにも多数展開しています。

ただし、大阪・愛知・福岡などの主要都市の店舗数に大きな差はありませんでした。

どちらのサロンも店舗移動は自由です。
通える範囲内に複数の店舗がある場合は、予約状況やご自身のスケジュールに合わせて通う店舗を変えることができますよ。

ストラッシュは22時まで営業の店舗あり

ストラッシュ
新宿南口店、新宿西口店、池袋東口店、渋谷中央店 月~木:11時~21時
金・土:10時~22時
その他の店舗 11時~21時
銀座カラー 店舗によって異なる
※10時~19時、11時~20時、12時~21時など

ストラッシュは基本的には21時まで営業していますが、東京の一部店舗では金・土のみ22時まで営業しています。
仕事で帰りが遅い方でも脱毛できるので便利ですね!

銀座カラーは店舗によって異なります。
20時、21時まで営業している店舗を選べば、こちらも仕事帰りに通えそうですね。

銀座カラーは年中無休

ストラッシュ 不定休
シースリー 年中無休

ストラッシュは不定休となっています。
臨時休業する場合は公式サイトの「NEWS」にて案内があります。

銀座カラーは年中無休(年末年始を除く)で営業しています。
定休日が無いということは、その分予約枠が多いということになりますね。

【ストラッシュのメリット】

銀座カラーが出店していない熊本・沖縄に店舗がある
基本は11時~21時まで営業だが、東京の一部店舗では金・土のみ10時~22時まで営業してる


【銀座カラーのメリット】

店舗数が多く、ストラッシュが未出店のエリアにも店舗がある
営業時間は店舗によって異なるが、希望に合わせて通う店舗を変えれば10時~21時まで幅広い時間帯に脱毛できる
定休日が無いので予約枠が多い

おすすめはストラッシュ

最後に、ここまで比較してきた情報をおさらいしましょう。

サロン ストラッシュ 銀座カラー
全身脱毛の料金 6回95,760円
割引利用で86,184円
無制限369,800円
割引利用で258,860円
6回93,000円
無制限289,000円
→ 割引利用で269,000円
脱毛期間 最短6ヶ月で全身6回分脱毛できる 最短8ヶ月で全身6回分脱毛できる
脱毛方法 SHR脱毛&IPL脱毛 IPL脱毛
全身脱毛の施術時間 最短60分 最短60分
剃り残しのシェービング対応 パックプランは無料 えり足・背中・ヒップ・Oラインはシェーバー持参で無料(その他は対応不可)
予約のキャンセル対応 回数パックプラン:前日20時以降は施術1回分消化
無制限プラン:ペナルティなし
ペナルティなし
店舗数 35店舗 52店舗
店舗移動
営業時間 11時~21時(関東の一部店舗は10時~22時) 店舗によって異なる(10時~19時、11時~20時、12時~21時)
定休日 不定休 なし

それぞれメリット・デメリットがありますが、総合的に評価するとストラッシュの方がおすすめです。

ポイント1:学割、のりかえ割、ペア割のいずれかを利用すると銀座カラーより安く全身脱毛できる
ポイント2:SHR脱毛なら最短6ヶ月で6回分脱毛できる
ポイント3:SHR脱毛なら毛質・肌色を問わず脱毛できる
ポイント4:パックプランなら剃り残しのシェービング代が無料
ポイント5:21時まで営業(関東の一部店舗は22時まで営業)で通いやすい

ストラッシュには、料金重視の方もスピード重視の方も納得の条件が揃っています。

銀座カラーも気になる方や、どちらのサロンも出店しているエリアにお住いの方は、無料カウンセリングを受けて比較してみてくださいね。

ちなみに、銀座カラーでは無料カウンセリング時にヒジ下の一部を脱毛体験を実施していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です